「神奈川航空少年団」活動の概要
  Rev.2019.2.1

1. 創立
神奈川航空少年団は、今から29年前の平成2年3月25日に創立。
2.上部団体
(一財)航空振興財団(2018.10.1より) → (一財)空港振興・環境整備支援機構に変更)の航空少年団。
  3.活動の目的
神奈川航空少年団には、“かぎりなく広がる大空”に希望をいだき、航空が大好きな少年・少女が集まっています。そこでは、航空の安全を守るさまざまな施設を見学し、航空や宇宙の知識を深め、同時に規則正しい団体行動を通じて楽しみながら心身を鍛え、航空人をはじめとする「りっぱな社会人に育てよう」という活動が行われています。
4.神奈川航空少年団の組織
役員総数14名、実働役員は概ね8名。活動している団員は小学生から社会人まで。現時点で43名、そのうち小学生26人、中学生6名、高校生3名など。
5.活動 
神奈川航空少年団は次のような活動をしています。
・航空に関する学習会 (航空教室、FTDやシミュレーター体験など)
・パラグライダー訓練
・模型飛行機、紙飛行機の製作講習及び競技大会
・航空及び航空関連施設の見学並びに小型航空機の体験搭乗
・清掃などのボランティア活動
・理事と団員や保護者間の親睦、コミュニケーションを図るXmasパーティー
・心身をきたえるための団体活動(夏季および冬季合宿訓練、キャンプ、スポーツ)
・幹部団員の養成及び研修の実施 (本部主宰の航空教室/年1回)
・「日米航空青年の研修及び交換」への参加 (年間3名程度、17才以上、米ノースキャロライナ派遣)
・会報 (飛行雲) の発行及び事業活動に関する広報
・連続したシミュレーター訓練を通して、操縦操作を学習

月に1回の理事会 (原則第1土曜日に役員と幹部団員が出席)を横浜市内の施設 (ぴおシティ6F) にて開催。また団活動も月に1回。具体的に平成30年度の活動予定は下記のとおりです。少年団の活動日は基本的に毎月第3日曜日です。また天候や事情により行事を変更する場合があります。

2019年2月17日(日) ペットボトルロケットの製作
(花菜ガーデンにてペットボトルロケットの製作)後日海岸にて飛行競技大会を実施予定。
3月25日(月)
三菱みなとみらい館およびANA機体整備工場見学

4月21日(日)  油壷マリンパーク
5月1日(水)から3日(金) 合宿 (南伊豆にて)

6月16日(日) 年次総会
7月21日(日) パラグライダー体験
8月            お休み
  別に希望者に限り「ヨットスクール」開催予定

9月15日(日)   紙飛行機製作と飛行競技
10月15日(日)  ハイキングとバーベキュー
11月19日(日) 米軍横須賀基地見学
12月17日(日)  Xmasパーティー
1月         お休み
2月 未定

6.その他
神奈川航空少年団の役員
名誉顧問  河野洋平  (元衆議院議長)
名誉団長  鈴木恒夫 (元文部科学大臣)
顧問    石橋 明 (元神奈川団団長)
団長    米山 潔 (元ANA機長)
事務局長  山本次郎 (元ANA機長)
理事    10名    役員の顔写真

航空会社OBの機長・乗員を中心に、現役の会社員、元銀行員、航空交通管制官、元航空局試験官、プロカメラマンなどが主なメンバーです。
委員 4名
我が団では平成27年度に委員(旧サポート会員)を新設。理事ほど仕事を抱えることなく、当会員の得意分野のみ団活動に貢献されることを期待する制度です。
歴代団長

歴代団長
就任 離任 氏 名
平成2年3月 平成6年3月 園山 鋭一
平成6年4月 平成11年3月 幾井 正明
平成11年4月 平成16年3月 横山 卓
平成16年4月 平成21年3月 橋本 貫義
平成21年4月 平成27年3月 石橋 明
平成27年4月   米山 潔

以上